30代男性:走ったり歩いたりすると痛みがでるシンスプリントが改善

来院動機

2日前、マラソンの練習をしている際に脛の内側に痛みだしてきた。キーワードで検索そて当院のサイトをご覧になりご来院されました。

カウンセリング内容

症状が出たきっかけ

週4回、15キロのランニングを行っている。ケアをせずに疲労が蓄積し走るだけでも痛くて走れない状態。

どのような症状がでるか

走る時の痛みが顕著にみられる。

歩行時痛。

身体所見と治療、経過

初回施術

まず初めに骨盤矯正を行い、アイシングを最後に行った。

骨盤矯正を行い歩行がスムーズに!

終わった後は、身体のバランスが整い歩き方が変わり、アイシングによって炎症反応も抑えることが出来たので歩行時痛が軽減された。

 

2回目の施術

走った時の痛みは度合いは半分低下していた。

前回同様に骨盤を整え、最後にアイシングも行った。

家でも骨盤を安定できるように体操の指導、テーピングを施し補強。

3回目の施術

走り始めはまだ痛みがあるが最初に比べると痛みの度合いは良くなってきている。

体操のチェック、テーピングを施し補強

10回目の施術

施術してから10回目で痛みはほぼ消失。

まだ完璧ではないがランニング後のケアをするようになってから改善するスピードが全然違うとおしゃっていました。

患者様からのコメント

なかなか治らないシンスプリントに悩んでいましたが、先生方が丁寧に説明をしてくれたりアドバイスをくれるので安心して通うことが出来ました。

おかげさまで今痛みはほとんどなく週4回、しっかり15キロ走れています。

骨盤矯正するだけでもこんなに変わるのか!そこに私は一番驚いていています。

今後は

怪我をしないように、教わった体操やケアを怠らずに頑張ります。

ありがとうございました!!

先生からのコメント

痛みもかなり落ち着いてきて良かったです!

シンスプリントは繰り返し起こりやすい疾患ですので、走り終わった後のストレッチやアイシングが重要になります。

今回教えたこと生かして今後もマラソンを全力で楽しんでください!!

また何かあればお気軽にご相談ください!

シンスプリントについて詳しくはこちら

シンスプリント

この記事に関する関連記事