20代女性:注射しても治らなかったドケルバン病が改善

来院動機

腱鞘炎になりその痛みが日が経つにつれて増してきた。

腱鞘炎というキーワードで検索をし当院のホームページうぃご覧になられて来院されました。

カウンセリング内容

症状が出たきっかけ

1か月前、アルバイト中に物を握った際に、手首の親指側に激痛が走った。

どのような症状が出るか

日常生活では、車を運転している時や字を書くときに痛みがでて思うように動けない。

腕を下垂しているだけで痛みも出る状態。

夜になると痛みが強くなる。

身体所見と治療、経過

初回施術

初回の施術では痛みが出ている場所に焦点を当てつつ腕周りの筋肉、首の筋肉に特殊なローラーをかけて筋緊張が軽減。

さらにアイシングを施し炎症反応を落ち着かせた。

痛みはまだ残るものの、痛みのレベルは低下し問題なく帰宅できた。

2回目の施術

2回目ご来院した際は痛みが少し戻っていたが前回より痛みは低下した。

手首の可動域は上がってきた。

前回同様の施術を行った。

3回目の施術

施術を行うたびに少しずつ痛みがとれてきた。

まだ直接押したときの痛みはあるとのこと。

5回目の施術

車の運転時や字を書くときの痛みはほぼ消失。

可動域も改善されてきている。

前回よりも直接指圧した時の痛みが減ってきている。

10回目の施術

日常生活での痛みは完全に消失。

直接指圧しても痛みが無くなり改善された。

患者様からのコメント

整形外科でステロイド注射3回してもぶり返して痛くなるため、他のところを探していたらこちらが出てきました。何回か通っていますが痛みはほぼ無くなり日常生活が普通に遅れるようになってとても満足しています。

担当者からのコメント

ドケルバン病について詳しくはこちら

ドケルバン病