10代女性:側弯症による肩背中の痛みが改善

来院動機

3年前に中度の側弯症と診断され、

背中の痛みや肩の痛みが強いので来院されました。

カウンセリング内容

痛みの出たきっかけ

側弯症により肩や背中の筋肉のバランスが乱れてしまった結果、痛みが出てきた。

どのような症状が出るか

肩は、朝起き上がる時や歩いている時、安静時に痛みがある。

背中は体育座りなどで背中が伸びると痛みが出てくる。

身体所見と治療、経過

初回施術

側弯症の改善をさせる為、歪んでいる背骨の部分を中心にローラーをかけ、全身の矯正を行った。

2回目の施術

前回ローラーの矯正を行って、帰った後から痛みは消失、重だるさが残る。

引き続き全身の矯正を行った。

痛みは消えたが、その他にまだそんなに大きな変化は出ていない。

3回目の施術

重だるさはないが、

また痛みが肩、背中に現れてきた。

痛みが出る時、出ない時の波はまだあるので、全身矯正を行い骨格を整えた。

終わった後、ご自宅でも簡単に行える背骨に対しての体操を指導した。

5回目の施術

姿勢を正していれば痛みは出ないが、姿勢が悪くなると痛みが出てくるとのこと。

全身矯正を行なって5回目になりますが、背骨の柔軟性が変化してきている。

10回目の施術

痛みが出る頻度はかなり減ってきた。

姿勢の写真を最初のものと見比べた時に、明らかに変わっていたので、喜びの声をいただきました。

患者様からのコメント

姿勢が変わってきて嬉しいです!

痛みも最初と比べてだいぶ頻度も減りましたし、身体が変わっている実感がある。

痛みが消えて快適な生活を送れるように続けて頑張ります。

担当者からのコメント

徐々に痛みの頻度も減り、側弯も変わってきていますので良かったです。

痛みが出ないお身体に変われるように、生活習慣や体操などを意識しながら頑張っていきましょう!

側弯症について詳しくはこちら

側弯症

この記事に関する関連記事